M's シリーズ

肌の事を1番に考え抜いた、化粧品のシリーズ

M’sシリーズの使用方法

コメントする

IMG_4828-001

 

M’sシリーズの一般的な使い方(常在菌活性基礎化粧品の使い方)

①  皮脂を洗いすぎず、常在菌を大切にする洗浄のため。(洗浄)

M’s Shampooで洗う(洗顔、頭皮洗浄)

②  水分の膜をキトサンで作り常在菌の住処に潤いを与えるため。(保水・保湿)

M’s 9♡9(化粧水)を付ける(顔、頭皮)

③  水分と油を乳化させて天然の皮脂膜の成分を作り、肌を保護するため。(保護)

M’s 9♡9(化粧水)が残って濡れた手に一滴のBSQを乗せ、手の平でしっかりのばし、両手で顔を包み込むようになじませます。(顔、頭皮、髪)

 

べたつく場合 9♡9の重ね付けの回数を増やし、BSQの使用量を減らす。

かさつく場合 9♡9の重ね付けの回数も増やし、BSQの使用量も増やす。

 

つけすぎに注意

肌のバランスは、水分は多めで、油分は少な目が理想です。BSQをつけすぎるとかえってかさつくことがあります。ご注意ください。

 

 

◎髪への使い方 

①   M’s Shampooで洗浄して、擦らないよう丁寧にタオルドライ。

②   M’s 9♡9 約100円玉を目安に手のひらに取り、全体に塗布。(保湿)

③   ダメージ毛や乾燥毛などは、M’s 9♡9が残っている手にBSQを1滴手のひらに垂らし、毛先中心に髪につける。

(1滴でも大丈夫な位のびますが、乾燥やダメージが酷い場合は適量)

④   ドライング(ドライヤーでセット or ブロー)

⑤   それでも、パサつくダメージ毛や乾燥毛などは、BSQ1滴をブロー後に塗布。

⑥   手触りや艶、質感が変わります。

 

◎スキンケアとしての使い方

①   水のみで洗顔(M’s Shampoo使用でもOK)

②   M’s9♡9塗布(保湿)

③   BSQ1滴塗布(乳液の代わりになります。乾燥肌の方は、ぜひ)(保護)

 

①   M’s Shampooで やさしく洗顔

②   M’s9♡9塗布(保湿)

③   BSQ1滴塗布(保護)皮脂膜の形成

 

 

◎シェービングでの使い方

①   M’s Shampooを泡立てないで、顔に塗布する(洗浄力を高めるため泡立てません)

②   蒸しタオルで、毛穴を開く。

③   蒸しタオルでふき取る

④   M’s Shampooに一滴のBSQを入れラザリング。

⑤   刷毛で泡を乗せて、髭剃り開始

⑥   泡持ちがよくなり、滑りをよくします。

⑦   蒸しタオル、

⑧   ふき取り、

⑨   M’s9♡9塗布(保湿)

⑩   M’s9♡9で濡れた手にBSQを一滴、手の平にしっかり伸ばし、顔全体に塗布(保護)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中